FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

奴隷メイド初夏・母娘淫獄囚編

媚肉の監獄
媚肉の監獄
エロ漫画。
限界を超えた快楽を受けている時の表現がとても(・∀・)イイ!!
お世話になりました!


奴隷10
初夏が娘に調教され続けて数年。
順調に成長を遂げている娘は、自らのことをフィームと名乗り、陵辱調教によりほとんど聞こえていないだろう母に、名と愛をささやきながら快楽漬けにし続けていた。
そんな日々の中、どこから入り込んできたのか巨大な蛭が現れた。
魔力を捕食するタイプの蛭であったが、人間はともかく魔族であるフィームにとっては文字通りの虫けら程度で、簡単に吹き飛ばした。
何匹も入り込んでいたらしく調教陵辱をする片手間で殺し尽くした。
しかし、これがもし魔貴族であったのならばうかつに蹴散らし、蛭の体液を浴びるなどという失態は犯しはしなかっただろう。
この蛭に対しての知識があれば、フィームもこんな軽率な真似はしなかっただろう。

蛭は動きが襲い。そのために獲物に食らいつくために体液には麻痺毒を含んでいた。
人間は数滴で行動不能になり、魔族でも一定量浴びてしまえば動けなくなってしまう。
魔族と様々な因子をもつフィームならばその毒を浄化することもできただろうが、それは許されなかった。

効果が現れたかと想った瞬間、フィームは横合いから凄まじい衝撃を受け初夏の上からふきとばされてしまった。
壁に強かに叩きつけられたフィームは怒りと共に自分の体の異変を悟る。
だが、知ったところで既に手遅れで、襲撃者はフィームを徹底的に叩きのめした。
体の至る所を攻撃し、触手は引きちぎり、毒だけでなくダメージでも行動不能に貶めた。
並の魔族ならば死ぬほどの攻撃に晒され続けていたというのに、それでもフィームは立ち上がろうとする。
襲撃者はその頑丈さに悦び、フィームに蛭を差し向けた。
その間に襲撃者は、ベッドで快楽の余韻に引き攣る初夏に目を向け、初夏が極上の餌だと理解する。
魔貴族の死を察知し、苗床と餌を簡単に補給しようとしてやってきた襲撃者。
屋敷の中はフィームの放った触手によって精神を壊され餌にもならなくなった奴隷たちばかりで骨折り損だと思っていた矢先の、最高の獲物たち。
襲撃者は、初夏を軽く持ち上げると、蛭に包まれ始めていく。
これが襲撃者の移動方法であり、蛭を用いての能力だった。
父親を殺したことと最強クラスの力を持つことで有頂天になっていたフィームは、そのプライドをズタボロにされた上に、最愛の母を目の前で奪われる事となる。
惨めに伸ばされた腕は届くこともなく、フィーム自身も巨大な蛭に呑み込まれてしまう。

そうして始まるのは、新たな魔族に捉えられての母と娘の淫劇だった。





親子丼フラグ|ω・)
フィームはフレイムとかそういう辺りからだったり。



おへんじ
>リリアーナー、早く来てくれー!ポジションが奪われるぞー!w
リリアーナにはなかった親子丼になるからきっと大丈夫……!

>初夏→体液が媚薬化して常時発情娘→体液媚薬化、しかしは本人は耐性ありとかだったり?初夏と並んでると目立たないだけで感度の高さも受け継いでると後々楽しめそう。しかし娘さんはリリアーナと対面したら気が合うのか合わないのか。まさか、一緒になって初夏を?ガクガクブルブルワクワク
娘は、初夏を犯してきたやつらの因子も持ってるので、耐性がありすぎてまったく媚薬には問題がありません、がきっと彼女も敏感体質なはず……!
気はあうかもしれませんが、たぶん相容れないと思います。
おもに娘のわがままで。
リリアーナは初夏が気持ちよくなってくれることが幸せだと思っているので、娘と協力して陵辱することはきっとやぶさかではないのですが、娘は自分の愛を初夏に与えて、幸せになっていることが愛してもらっていると思っているので、誰かの手に触れられるのは我慢ならないのです。
だからといってリリアーナに喧嘩を売ったら間違いなく返り討ちですがね(-ω-*
100年くらい経って精神的に成長したら二人で陵辱することもある……かも……?
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フィーム | ホーム | 新奴隷メイド初夏・実娘陵辱調教編二幕>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。