FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クリクリ

機械姦
まだ戦いに巻き込まれる形から少しだけたったころ、リリアーナに改造された体はツクヨミの治癒も虚しく元に戻ることはなかった。
そのためにツクヨミは初夏のために封印のアイテムをつくり、日常生活を送るのには差支えがなくなった。
だが、そんな体ゆえに、そしてリリアーナの魔の手から逃れることができたということもありで、初夏は新たなラファズに目をつけられることになる。
そして放たれたスライムのラファズに初夏の能力は完全に封殺され、捕らえられてしまう。
捕らえてから行うことは、ほとんどどのラファズでも代わりはないのだが、このラファズは、活力は搾取するものの最低限で、他は検査と改造に費やした。
来る日も来る日も検査と改造改造改造改造。
初夏の体はリリアーナに改造された以上に快楽に弱くなっていき、結果、消えることのない楔を打ち込まれてしまった。
戦うということはこうなってもおかしくないとは思っていても、変えられていく体に少なからず人並みの不安や恐怖だって覚えてしまう。
だが同時にあるのは、快楽への渇望だ。
あれだけ激しく狂ってしまいそうなほどの快楽は、女の体を持っている以上に忘れがたいもの。
二度の改造により、それ以降の改造を受けるたびに常人では考えられないほどに浸透してしまう体だ。
自分は耐えることができるのだろうか。
そんな不安を覚えながらも初夏はそれでも戦い犯される。


拍手お返事
>逆に知ってても面白そうですねー。「私が感じちゃうとラファズが強くなって、余計にみんなの足手まといになっちゃうから、だから・・・」 でも耐えることは(ビンカンargentoさんが)許さないよ

確かに知ってるのなら知っているで面白いシチュですね(・ω・*
抵抗しなければいけない理由があるのに、それすらも飲み込んでの快感陵辱に屈してしまう体に絶望しながら、心は抵抗して、でも耐えられなくて……。
快楽に飲まれてしまっているために、いずれはそれだけしか考えられなくなり、イキっぱなし。みたいな( ̄▽ ̄)
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<思いつかなかった(・ω・ | ホーム | 取り込まれて。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。