FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オナホール

二次元コミックマガジン 丸呑みイキ地獄 モンスターに捕食されたヒロイン達Vol.2
二次元コミックマガジン 丸呑みイキ地獄 モンスターに捕食されたヒロイン達Vol.2
丸呑み陵辱アンソロジー
身動きできない状態になって快楽責め(*´Д`)ハァハァ


ぼこぉ
自分よりもはるかに巨大なラファズの腕につかまってしまった初夏。
体を潰されそうになる直前まで締め付けられては緩められることを数回繰り返されると、そのダメージで能力を発動することができなくなってしまう。
初夏の体の半分を包めてしまうほどの巨大な腕の腕力から抜け出すことは能力を駆使する以外はなく、文字通り、命運を握られてしまっていた。
しかしラファズがとった行動は、初夏を殺すのではなく、陵辱することを選んだ。
ズルリと取り出されたのは初夏の頭ほどの直径がありそうな、巨大ラファズの体躯に見合った剛直だった。
もちろんそんな巨大なものは、いくら開発されているからといって入りきるものではないのだが、ラファズの手のひらが淡い光を放たれ、初夏の秘所に剛直を押し当て、押し込むと、いともあっさりと初夏の体は飲み込んでしまった。
一息で、子宮口を突破し、子宮まで到達した剛直だが、長さはまだまだ余っているのならば、最奥に到達しているにもかかわらず、更に押し込んだ。
普通であるのならば、ねじ込んだ段階で体が裂けてもおかしくないサイズなのだが、限界以上に広がった秘所は一切の欠損を見せずに受け入れている。
膣内も同様に既に襞は伸びきっているはずなのに千切れそうな気配もない。子宮口も、子宮さえも腹部が大きく剛直の形に隆起してしまっているのにもかかわらず、破裂するような様子はない。
むしろゴムやそれに近しいもののような伸縮性を持ち、巨大ラファズのものを受け入れさせられていた。
初夏としても意味がわからない状況なのだが、それ以上にこれだけのものをねじ込まれているというのに、痛みが一切ないどころか多少の苦痛を感じさせられはするが、それ以外は全てが快楽になってしまっていることが問題だった。
たった一突き。
一突き体を破られんばかりの勢いで剛直を突き立てられただけで、頭がぐちゃぐちゃに蕩けてしまいそうな快感が全身を一気に駆け巡った。
まずいと思った頃には、入り口へと内側をえぐるように帰って行き、そのまますぐに第二撃。
この時点で、初夏は絶頂を味わわされてしまった。
まるで剛直のそれがスイッチになっているかのように、子宮をお腹ごと突き上げられると、三回目の絶頂が訪れてしまう。
しかも、この短時間での快感絶頂により、絶頂をしているさなかだというのにすぐさま次の絶頂へと導かれてしまう。
異常行為も相まって思考がまとまらないうちでの追い打ちにさしもの初夏も理性の防壁を張り巡らせることが間に合わず、快楽に翻弄されてしまう。

ラファズはそんな初夏の状態など意に介さず、初夏の体をまるでオナホールのように無茶苦茶に陵辱する。
先にやったラファズの術によって、初夏の体はまさしく巨大ラファズ専用のオナホールへと作り変えられてしまっていた。
ラファズにとって道具である初夏のことなど考えることなどなければ、ただただ本来の道具の用途である快楽をエルためにと、自分の手とともに激しく前後させる。
ごちゅ! ごぢゅ!!
と鳴り響くはずのない重たい粘質な音があたりに響き渡る。
同時に上がるのは初夏の嬌声だ。しかし、その声は雌のものであるのだが、行為に体と頭がついてきていないせいか、壊れてしまいそうなほどに滅茶苦茶に、悲鳴のように鳴き叫ばされる。
あいも変わらず体は人外の法悦を叩きこまれ続け、絶頂に次ぐ絶頂、そしてまた絶頂と連続絶頂の地獄に叩き落されている。
強すぎる快楽によって塗りつぶされてそのまま死さえちらつかせられるほどに追い詰められる初夏。
そんな初夏にとどめを刺さんとするように、しかしその実ただ快楽の極みを味わうためにと、ラファズは既に一杯である初夏の膣内、子宮内へと射精する。
灼熱の本流によって妊婦のように膨らんだ腹部。それでもとどまらない射精によって精液が自らかき混ぜあい、精液でも初夏を蹂躙した。
精液を注がれるだけでも、他かぶり続ける初夏の体を蝕むのには十分だというのに、精液には当たり前のように、雌を狂わせる媚薬の成分を持っていた。
快楽の熱と、精液の熱、それに加えて媚薬の発情の熱を味わわされた初夏の体は、もはや数えきれないほどの絶頂を迎えているというのに、無理やりに体を作り変えられ、更なる快楽を求めるようになってしまう。
本人の意志など、連続絶頂快楽によって飲み込まれているのならば、既に初夏にはまともな意識は残っておらず、名実ともにラファズのオナホールとなっていく。
壊れたように痙攣を繰り返すが、ラファズは快楽が増幅することに悦びを覚えるだけで、初夏の体を気にする素振りを一切見せず、満足するまで初夏を使い続けるのだった




おへんじ
>ツクヨミ?…ああ、居たなそんなの。初夏さん的には則巻○兵衛博士くらいのポジションなんでしょうか?ドラ○もんは無理でもドクター○イト位働けばもう少し出番も…いや、ラ○トもやばいか、暴走して初夏さんに襲い掛かりそうな…
一応信頼はしていますが、あんまり頼りにはしていないってところですかね。
というのも今のツクヨミの力は一般人以上、神の戦士未満となっているために、道具生成も得意といっても力を込めるのに時間がかかってしまうためというのもあり……
でもご飯をすごく美味しそうに食べるので、初夏的には世話のやける姉くらいに思っているかもです(・ω・

>きゃああああ!可愛い、コレ何コレ、可愛い! というわけで、お久しぶりです。ここしばらく音信不通でしかも依然継続状態ですが、ストーキングはしっかりしておりました。今までの陵辱が嘘のようなほのぼの感…というか、この初夏嬢の表情ってレアでは…。眼福です。
ふふふ……エラーという釣り餌の優秀さよ( ̄▽ ̄)お久しぶりです
ずっと書きたかったこのシチュ!
素直に笑顔を見せるのは今のところ、四季とエラーだけという感じに!

>エラーたんきゃわわ!

この子のエロシチュも期待しています。
しかし初夏の微笑んでいる絵て久しぶりではありません?

感情の機微はとっても苦手なエラーですが、まるで子犬のように初夏に懐く彼女はちょうきゃわわ!
エラーのエロシチュですと……!? ラファズってことで責めるイメージしかなかったのは内緒><
久しぶりどころか…………………………やったかもしれないですが、既に記憶に無いくらい過去の話かもしれないです……( ̄▽ ̄)
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<外もなかも媚薬 | ホーム | 手乗りエラー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。