FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハイオークの性玩具

愛犯 ~イトヲカシ~
愛犯 ~イトヲカシ~
144先生の初単行本。
ハード寄りの異種姦で、主に戦うヒロインが陵辱される内容にうまうまさせていただきました!
先に本が発売していますが、購入されていないかたは手に入れることをおすすめです(’’*


おーくぱく
普通のオークよりも一回りも二回りも巨大な体躯を誇るハイオーク。
炎への耐性も強く、力の減衰している今の初夏では撃退することも叶わず、敗北し捕らえられてしまう。
始まったのは人としても、雌としてさえ危ういほどの性玩具としての扱い。
ハイオークの性欲を満たすためだけに、ひたすら体を使われる日々。
初夏の体から溢れ出る活力とフェロモンの香りと味に酔いしれて、その巨体を生かして初夏の頭を丸ごと口に含んで、アメを転がすように舐めしゃぶる。
酸素の供給がと滞ることもあるが、何よりハイオークの体液は人間の雌を発狂させかねないほどに強力な発情効果がある。蒸気となって触れるだけでも、匂いをかぐだけでも、常人では慰めることを我慢できなくなってしまう。
頭を咥えられることで塗りたくられ、臭いをかがされながらの陵辱に初夏は耐えることなど少しもできずに果て続けた。
そんな生活が続いて数ヶ月。
一日たりとも休まる暇もなく陵辱され続けた初夏の体は、今や完全にハイオークのものに適してしまっていた。
その結果、より深く激しい快楽を覚えられるようになっただけではなく、ハイオークに触れられるだけでも、彼らが近くに来た時の臭いでも、体が疼き、ひどい時には小さな絶頂を迎えてしまうほどだった。
今まで捕らえた人間のメスは一週間も保てばよかった。
だが、初夏は数ヶ月、決して壊れることなく捕らえたときと同じように……それ以上の体となって自分たちの性欲を満たす道具となってくれている。
これまでに捕らえたものとは比べ物にならない良い具合に、ハイオークは狂ったように初夏を求める。
底なしとも言えるほどの性欲は絶えることなく初夏の淫らな躰に叩きつけられ、自分の意志を無視して応えてしまう。
子宮を壊されてしまうのではというほどの大きさと激しさをもって、その勢いのままに射精する。
何百、何千と注がれた子宮は完全に堕ちており、射精の度に幾重にも重なった連続絶頂へと誘われてしまう。
そんな状態になっても、ハイオークは関係なしに初夏を犯す。
自らの性欲を満たす、ただそれだけのために。
意図せずして初夏はハイオークに調教されてしまったのだ。
彼らに従順に快楽を与える性玩具として。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<こすこす | ホーム | 活力吸収>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。