FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

その気になれば10年先100年先でも……

二次元ドリームマガジンVol.69
二次元ドリームマガジンVol.69
今回は悪堕ち。
悪堕ちしてもなお清楚っていうのは悪堕ちに見えないからだめなのかなぁ(・ω・


一世紀
この時代の科学では捕らえたサンプルの力を解明することができない。
屈辱的なことではあるが限界を悟った研究員たちは、サンプルの力を解明することができる時代まで眠らせることにした。
人外の力でも破損させることが難しい強度を誇るカプセルに、身体劣化を防止する培養液を注ぎサンプルを今のままの状態で保存する。
一応これでも問題ないのだが、万全を期すために、サンプルの体の至る所に活性パルスを発生する装置を取り付ける。
これにより体内の機能……主に脳の機能の劣化を防ぐことができる。
副作用として、脳を始めとする全身の性感が開発されてしまうが、処置の一つなので解除することはできない。
サンプルは培養液に漬けられている間は決して目がさめることはないよう、培養液の効果と機械によって二重に対策がされている。
副作用の効果もあって、サンプルの脳波は快楽に染まっていることが分かる。
開放されるまで淫夢に苛まされるだろうが、それも脳の刺激にはいいだろうと切り捨てられる。

保存の最終段階として、サンプルをカプセルごと装置に接続する。
正常に動作する装置はカプセルを認識すると、カプセルを装置内へと導いていく。
保存状態になり、副作用の効果で反応を示す以外をすることがなくなった美しいサンプルの姿が、装置に飲み込まれ徐々に姿をカプセルごと消していく。
装置に完全に接続されたことを示すランプが点灯したことを確認すると、研究員たちは最後のプログラムを入力する。
来世まで保存するといえば簡単だが、維持をするためには施設とそれを動かすエネルギーが必要だ。
施設はどうにかすることができたがエネルギーの問題が非常に大きかった。
だが、サンプルのお陰でそれさえも解決した。
サンプルのもつエネルギーを利用すればこの施設を維持することは100年でも1000年でも理論的には可能だった。
そのうえ実験で、快楽を受けた時、そして絶頂を迎えたときは更に純度を増したエネルギーを生成することを発見している。
副作用の効果で延々開発されるサンプルは、それ一つで全てをまかなえてしまえるのだ。
装置が物理的に破壊さえされなければ、サンプルを保存しておくことはできる。
サンプルの力を解明することができる時代に発見されることを願って、研究員たちは施設を離れた。



おへんじ
>ここから先は睡姦ですねっ?
リリアーナを初めとした居候達がこんな初夏を放っておくわけがなアーッ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<目覚めさせてもらえないけれど……ね! | ホーム | ちょうねむい>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。