FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

からだのおおきな


エッチドット工房(職人魂2) KOしてFACKする2!
これだけドットが打てたら楽しえろえろなんだろうなぁ……(・ω・


巨人
自分の体どころか人よりもはるかに大きな体躯を持つモンスターに見初められ捕らえられた初夏。
巨大な体で炎が効きづらい特性もあるために相性は最悪と言えた。
それは捕らえられた後にも続き、抵抗をしようと炎を発してもモンスターにはやけどを付ける程度にしか意味をなさず、しかもそれはすぐに回復されてしまった。
炎が使えなければ、ただの少女以下の初夏に抵抗するすべは残されておらず、モンスターにその身を嬲られる日々が始まる。
朝の目覚めは、胸を無茶苦茶に舐めしゃぶられミルクを吸われる快感で。目覚めてからはただひたすらにモンスターの常識を超えた大きさを持つイチモツによって陵辱を開始される。
昼に腹が減るとモンスターは初夏の両胸を咥えて強引に乳を吸いだし腹を満たす。それなりの量を飲んでいるとはいえ巨体がそれで満足するようには思えないが、初夏のミルクは活力の変換によるもののために、普通のミルクと違い、腹も力も満たされていく。
呑むだけ飲めば代わりと言わんばかりに自らの精液をたらふく初夏に飲ませる。
むせ返るような臭いと喉に引っかかる粘りに窒息しそうになりながらも初夏は喉を鳴らして飲み込んでいく。ほとばしる精液が出尽くすまで飲まなければモンスターは開放してくれないからだ。
まともな食事は与えられることはめったにないために、水分も空腹もそれで満たさなければならず、自らに言い聞かせて飲み続ける。
互いの食事が終わればまた性交。
そこからもまた腹がへるまで延々と繰り返され、夕食。ミルクと精液なのは変わらず、そこからはモンスターが疲れるまでひたすらに陵辱を繰り返させられる。
大きすぎるイチモツも、リリアーナによって作り変えられた体はいともたやすく受け入れ、初夏に望まない快楽を与え続ける。
膣を限界までこじ開けて、子宮口を突破して子宮をひたすらに責め立てる。
更には初夏という存在をより強く求めているからか、モンスターは初夏に体を密着させながら両の手で抱き寄せ、まるで触手のような舌で初夏の口内を犯しながら腰をひたすら振り続ける。
モンスターのだらしのない体が初夏の体を包むように密着しているせいで、動くたびに初夏のそそり勃ったクリトリスがこすられて、快感を上乗せされて意識が飛びそうになってしまう。胸も同様で、豊満な胸を押しつぶされながらもゆさゆさと揺れるたびにもみほぐされ、乳首が擦れる。
快楽を覚えれば活力が勝手に母乳へと変換される体は、変換した瞬間に乳腺を駆け巡る激感に嬲られてしまう。
気がつけばモンスターが身動きをするたびに初夏は絶頂を迎えるほどに追い詰められていた。
そこに追い打ちを掛けるように、モンスターは大量の精を初夏の子宮へと放つ。
剛直から放たれる精は、それだけでまるでピストン運動のようで、熱い本流とともに一気に子宮を満たされると絶頂を迎えながらに絶頂を重ねてしまう。
技巧もなければ力づくの性欲を満たす行為だが、初夏は意識を飛ばすほどの凄まじい快感を味わわされ続けていく。
そして気がつくときはまた搾乳によって、と毎日毎日、一切変わることなく続けられた。

それから一ヶ月。
初夏は未だにモンスターから解放されることなく、それどころか始めの時以上に情熱的に抱きすくめられ侵されていた。
激しすぎる快感と陵辱に打ちのめされてしまったのか、初夏の反応は実に薄い。
意識があるのかさえ危ういほどであるが、抱きすくめられている状態も相まってか、モンスターは気にすることもなくゴツゴツと子宮を叩き続ける。
よほど気持ちがいいのか腰の動きは一貫性はないまでも速度はかなりのもので、愛液と精液が混ざり合った粘質な音がモンスターの住処にぐちゅぐちゅと響き渡る。
しかし昼がくれば、モンスターの精液をこくこくと飲んでいく。
それだけが命をつなぐ最大のエネルギー源であるということもあるが、ひと月もの間続けられたために、初夏の体はそれにさえしっかりと快感を覚えるようになっていた。それどころか、精の香り、モンスターの香りにさえ体が疼くようになってしまう始末。
どれだけ強い精神力を持っていようが、どれだけ強固に理性を固めようが、快楽を抑えることができない以上、快感に漬けられ続けた体はどこまでも堕ちていってしまう。
だがどれだけ堕ちた所で、モンスターは陵辱することを止めはしない。
初夏を見初めたその時からモンスターは自身の命が尽きるまで、彼女を犯し続けるだろう。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<しきしき | ホーム | ちからのままにむりやりに>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。