FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とろけていくからだ


パステルチャイム3 バインドシーカー
ついにDLサイトでも発売。
えろえるf



おーくばっく
オークに敗北し捕らえられてから数ヶ月。
その間、初夏は毎日のように性処理玩具として扱われてきた。
一日として休むことなく性のはけ口にされる日々。
最初のうちこそ分かるほどに抵抗をしめしていた初夏だが、力の回復を待たずに消耗させられ、ただの少女となった彼女に抗うすべもなく、その上加速度的に開発され、オークの陵辱に慣らされる体は次第に抵抗を弱めていった。
だが、体は屈服の一途を辿る中で、初夏の抵抗の姿勢は弱々しくなるもののゆるぐことなくオークに向けられる。
決して媚びず、決して屈さず、初夏はいつかくるはずのチャンスを待って今だけはとオークに体を明け渡す。
しかし、オークたちはその抵抗を楽しんでいた。
間違いなく快楽に屈服していはずだというのに、どれだけ犯しても精を注いでも、壊れることのない雌。
これまで捕まえた人間は、一週間もてばいいほうだった。
性処理という目的はもちろんあるが、日下部初夏という玩具がどこまで持つのか。
必死に抵抗する初夏をあざ笑いながら犯し続けていく。

大きすぎる一物は馴染み、今では尽きこまれるだけで絶頂を迎えかけるほど。
入れ方によっては耐えることすらできないで押し上げられてしまう。
そのままジュブリと襞をめくられて、その奥にある子宮口まで一物は簡単に届き、もみほぐす。
快楽によって子宮が降りてしまっているということもあるが、どれが犯しても確実に子宮口に届くピストンに、奥で味わう快楽を覚えこまされてしまった。
その上、口をこじ開けて子宮の中を犯される始末。
圧迫感に苛まされるが、同時に最奥を叩かれると得も言えぬ快楽が湧き上がり、あっさりと絶頂の涅槃へと誘われてしまう。
そのまま子宮内にどろどろの灼熱の本流を放たれると、もはやどうしようもなかった。
蕩けていく体を歯を食いしばり必死になって支えているというのに、ビュルッと一つ放たれるとそれだけで体中が甘い痺れに満たされてしまう。
絶倫であるオークの射精は一度で初夏の子宮を満たし、溢れさせるほどに大量だ。
子宮を焼いてしまうのではと錯覚するほどの、しかし同時にどこまでも心地よい熱に恍惚感を覚えて、初夏は自分の意志とは別に全身を激しく震わせて、絶頂を迎え、蕩けた顔を晒してしまう。

後ろから激しく突かれ、精液を放たれると、快楽にむせび泣く体を支える両手が弱まり、ふるふると限界を伝える。
崩れ落ちそうになる瞬間、正面にいたオークが初夏の蕩けた顔の、緩んだ口から涎を滴らせている顎を持ち、自身の正面へと運ぶ。
涙と快楽に霞む視界ではオークの顔をはっきりと映すことはできないが、間違いなく笑っているのだろう。
その醜悪な顔を歪めて。

すぐにでも逸らしたい衝動に駆られるが、快感絶頂の余韻に打ち震える体ではそれもかなわず、それどころか汚らしく、鼻が曲がりそうな臭いを放つ口を開き舌を伸ばし、初夏の唇を塞ぎ、口内を蹂躙する。

嫌悪を抱く……はずなのだが、それよりも先に蕩けきった体にやってきたのは、頭が蕩けてしまいそうな快楽で。

初夏の調教は日に日に進んでいくのだった。



久方オーク。
パターンが同じなのがちょっとあれですかね|ω・)


おへんじ
>初夏さんが巫女?…どう考えても生け贄になるフラグ・・・いや待てよ過去っぽいし。 自分の身ごと強力な妖怪を封印。千年くらい結界の中で陵辱(完堕ちしたら封印が解ける)とかもありえる…とりあえずエロくならないハズが無い。
Σ(・ω・!?
その発想はなかった! なるほど妖怪封印を体でやった伝説の巫女……美味しいですな(*´Д`)ハァハァ

>久々にカッコイイ初夏さん!エロ絵以外も個人的には好きです
エロをより美味しくするためのスパイス!
やはりもっと凛々しいところや、日常の初夏を描くべきくわっ……!
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<堕落事故調査委員会 第1会議室 | ホーム | 退魔巫女>>

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013-04-15 Mon 18:17 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。