FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2-4-1


プリズンファンタジア~亡国の聖騎士~
エロして脱出RPG
レベル上げ要素がないらしいのでその辺りがダメだとちょっとつらいかも……?
でも絵はかわええエロい!


ガス攻め初夏
「ぁ……は…………ぁ…………っ……」

 どうしてこんなことになっているんだろうか、と、ふと冷静な思考が一瞬浮かび上がる。
 だがそれは本当に一瞬で、次の瞬間にはももいろの靄に包まれて思考はおろか何もかもが曖昧なものとなってしまっていた。
 ただ一つだけの感覚を残して。

「あぁ……いい塩梅になってきたけれど、もう少し……かな……」

 ぼやけた視界の先で、白衣に身を包んだ女性が何かをつぶやいていることは分かる。
 それが何を意味しているのか、今の初夏には理解することはできず、理解をするよりも早く、突如視界に肉肉し赤が広がり、初夏の顔を全て包み込んだ。

(ぁ――――ま……た――)

 顔を包むそれはまさしく触手で、まるで口のような器官で味わっているかのように蠢き、ジュルジュルと汚らしい音を立てる。
 初夏の味に興奮でもしているのか、接触面の隙間から時折ボフッとももいろのガスが漏れ出している。
 
「――っ――――っ、っ」

 ガスが漏れだすたびに、初夏の弛緩している体が弱々しくだがビクンと跳ね上がる。
 同時に、腹部が小刻みに痙攣を起こす。まるでその下に息づく女性と器官が悦びを表しているかのように。
 それを証明しているかのように、普段は決してははくことのないホットパンツの股間部が、おもらしでもしたようにシミを作っていた。

(ふぁ……ぁ……ぁぁぁ…………)

 ボフッボフッと、音がなるたびに、自分の体が蕩けていってしまっているのが分かる。
 が、それに抗うようなことはしない。することができない。
 部屋に入った瞬間から、すでに充満していたももいろのガス。
 媚薬、媚毒の類で人の体を芯から淫らに堕とすそれに犯され、更に口から直接かがされてしまうということを、かれこれ数時間。
 普通の人間であれば、狂ってもおかしくないほどの量を、初夏は延々口から、肌から吸収させられている。
 既に手足どころか指先にも力を入れることができないほど、弛緩し体を開発され開かされてしまっている。
 
(ぁ……ま……い…………すご……あ……ま……ぃ…………)

 蕩けるような甘さ。
 甘味などとは比べることができないほどに、だがくどさもなければどれだけでも摂取できてしまいそうで。
 求めることは危険だというのに、一度体に取り込んでしまうと、抑えることができなくなってしまう。
 人の欲求を満たす甘さが、悦びが、女の体を犯し狂わせる。

「…………うん。いい顔だ……あぁ……ぞくぞくする……!」

 不意に初夏の顔から肉触手が剥がされる。
 視界に光が戻ったというのに、初夏に大した反応は見られない。
 ガスに蕩けさせられた、蕩けきっただらしのない淫らな雌の顔をさらしていた。
 焦点の合わない瞳は熱病に浮かされたように潤み、半開きの締りの悪い口は、端からダラダラと涎を垂れ流している。
 そんな初夏を見て、女性は興奮を抑えきれないといった様子で、一つ体を震わせる。
 
「でも、まだ早い。そう……まだ……もう少し……」

 自分に言い聞かせ、必死に欲求を抑えこむと、新たな触手が初夏に向って伸ばされる。
 胸と、股間。
 食らいつくように乳首ごと飲み込み、抑えこむように股間に食い込む。

「ぁ……はっ」

 ビクンと、一つ強く跳ね上がる初夏の体。
 たったそれだけで絶頂を迎えてしまいそうだったのか、痙攣がより深まる。
 しかし、触手はそれ以上の強い刺激を与えないように緩やかな動きとなった。
 強い快楽を与えるためではない、快楽を体になじませるように、ゆっくりと、優しく。
 今はまだ、下ごしらえの段階だ。
 食事が美味になるのはこれを越えた先。
 それをわかっているから、目の前の、日下部初夏という食材が、どれだけ美味しそうな反応をしても、女性はつばを飲み込み、作業を続ける。

「は……ぅっ……ぁ……ぁぁぁぁ……っ!」

 なじんでいく。
 体が染められていく。
 しかし、これが初夏と女性、牧村千歳との契約なのだ。
 初夏を救ったという貸しを返してもらうための。
 だからこそ、初夏は抵抗できず、千歳の思うがままにされ、活力を明け渡す。
 
 これから待っている淫靡な宴に思いをはせて、二人はただただ淫らに堕ちていく。






焦らす(’’
2-3はあえて抜いているところも焦らs
ごめんなさい|ω・)


おへんじ
>ししんにへんしん
お元気そうで何よりでございます。超安心です!
またお話できる機会を楽しみにまってます!
でもメッセがそろそろスカイプにのまれそうなのが不安なところ……!

>強いのに負けまくりのヒロインズかわわ
強い女性を屈服させる。そこにしb(ry

>こ…これは…長編の予感!、まさか次の同人誌のシナリオですか!?
(’’!?
そ、そうかその手が……!
同人ネタにするのもありですな!!

>初夏ちゃん…またお歳を召してしまいましたね…
なぁにそれもまた一つの人生です(・ω・

>ヤバイ…俺の好みのシチュエーションのど真ん中ドストライクww
今までずっとROMってただけなのに思わずコメント残しちゃうぐらいビビッと来ましたw

うっふふふふ……それは何よりですね|ω・)ククク
これからもメモしていこうと思っていますので、びびっときたらどしどしきちゃってください!
本編 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<本音x真改 | ホーム | 搾乳奴隷編。メモ>>

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013-03-12 Tue 20:09 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。