FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

不定形


FallenBeatAngel & FallenBeatZwei
ネコサフランさんの同人誌
エスカレイヤーものって意外と少ないんですよねぇ(’’



ガス攻め
音無冴は厳密に言えば人ではない。
鬼と呼ばれる存在である。
人とは比べ物にならない力と肉体を持ち、それを用いた戦法は脅威の一言に尽きる。
ただの拳が必殺の威力を持ち、刃も弾丸も弾く体を持つ相手。
正攻法で挑むことは、死を意味している。
だからこそ、搦め手を用いる。

力を頼りにするものならば、その力を封じてしまえばいいと。

そうして、冴のために用意されたのは不定形の異形。
しかもただの異形ではなく、その体から、女性の体を狂わせるガスを生成することができるのだ。

その特性をもって冴を無力化するために、彼らは冴のデータを死に物狂いで集め、任務先に異形を送り込むことに成功する。

警戒はしていた冴だったが、不定形の異形を持ち前の力を存分に発揮することができず、ついには充満したガスに侵され、力を失い捕らえられてしまう。

それから冴に待っていたのは、不定形に口をふさがれ常時ガスを送られ、体を狂わされながらの陵辱だった。
つまりは冴を無力化し続けるための処置なのだが、不定形を制御するためという名目もあってこれ以上ないほどの処置であった。

本来ならばこの程度ならば簡単に引きちぎり逃れることができるはずなのに、際限なく送り込まれるガスが鬼の力さえ弛緩させ、逃れるどころか弱々しく打ち震えることしかできない。
その上、不定形の体を使って冴の膣を埋め尽くし、子宮を激しく陵辱する始末。

ガスにより、とどまることを知らない性感が、冴にかつて無い快感を覚えさせ、思考する力すら奪い、ひたすらに絶頂を与え続ける。

快楽絶頂痙攣で打ち震える冴に愛着が湧いたのか、ただただ自分のものだと主張するためなのか、異形は時折彼女を自身の全てを使って飲み込み、媚薬ガスで満たし全身をガスで浸す。
抵抗できない冴は一秒たりとも終わらない陵辱に打ちのめされながら思考さえ持つか怪しい不定形のなす我儘に体を作り替えられていく。



おへんじ
>足裏舐め脇舐め全身舐め舐め。なんとも良い責め。このまま触手服と触手ブーツはかして責めまくりたい
なるほど、あのシチュからの派生でそのスーツを……ふむ(’’
エロス!
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<搾乳奴隷編。メモ | ホーム | 小さくなくてもぺろぺろ対象>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-03-04 Mon 21:03 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。