FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

捕らわれて奪われて。


スク水戦隊ビキニンジャー
一応変身ヒロインものですね。
最初強気なのですが途中でちょっと弱気に折れちゃうので好みが分かれそうです。
戦士VSとかのVSシリーズのお方なので絵はガチですがね!


さかなりょうじょく
突如魔物の軍勢に襲われた村に居合わせた初夏は、村人を逃がすために圧倒的不利な中孤軍奮闘する。
しかしどれだけ焼き尽くしても湧いて出てくる魔物たちに、ついにはは力尽き捕らえられてしまう。
それでも村人たちを逃し切ることができたことに安堵していた初夏だが、魔物たちの真の目的は初夏で、厳密に言えばその力を目的としていた。

そうして捕らえた初夏の力を奪うべく、魔物たちは手始めに人間の力を食らう水生生物に襲わせた。
水分が弱点だということは知られてはいないが、胸まで浸らされた初夏は鎖で繋がれていることを除いて抵抗することができなくされてしまう。
そこへやってくる初夏の力を食らう水生生物。
彼らは人間が快楽絶頂を極めた瞬間に力を食らう。

迷うことなく水生生物は初夏の胸と秘所へと食らいつき、歯の代わりとなる肉の口を用いて、体そのものを用いて、初夏を陵辱する。

完全に脱力し開かれた体に与えられる快楽は、これまでされてきたものとはまた違ったもので。
耐えようとする壁が機能していないために、素直に体の芯に響いていく。
その感触がまた心地良く、得も言えぬ快楽で初夏はあっという間に蕩けさせられてしまう。
気持ちいいのが拒めない。
体が甘い痺れにとらわれることに幸福を感じてしまう。

快楽に堕ちる。
それはどこまでも甘美なものであるが、同時に危険だということも理解している。
だが、理解していようとも、耐えることができない。
理性が必死になって拒絶しようとしているはしから、快楽で包み何もかもをぐずぐずに溶かしてしまう。

力を奪われている。
敵に力を与えてしまっている。
いけないことだ。
分かっている。
分かっているのだが、どうすることもできない。

指一本動かすこともできない初夏は、ただただ水生生物に陵辱され力を食われ続けることしかできないのだ。





日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<呑まれて吸われて陵辱されて | ホーム | 仕込みしてます>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。