FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

危険なものは封じてしまう。


花粉少女注意報
小梅けいと先生の単行本。
この発送は素晴らしいのヒトコトですね。男も女も問答無用で花粉少女に襲われるのはたまらんです(’’!


かんがえたさいきょー
異世界へと渡り、世界を我が物にしようとするものをその世界の住人と共に撃退することに成功した初夏たち。
しかし、平和が訪れたはずの世界の裏側では、密かに、しかし大きな声でこんな言葉が放たれた。
初夏の力は脅威である。
敵味方問わず、向けられればこれほどまでに危険なものはない。
一部の人間が本来であるならば敵対すべき相手からの言葉に耳を貸し、己の利益を求めた結果、到達した答えだった。
平和となった世界で、元の世界に戻る方法を探しながら戦うことはほとんどなくすごしていた初夏へ偽の情報をながし、罠に陥れ、封印をしてしまおうという計画が組まれ実行された。

初夏はその罠を見破り、その場にいたすべての敵対存在を無力化した。誰一人殺すことなく。
しかし、その先までは見破ることは不可能だった。
だれが、自らの命を賭けてまで陥れようとすることを思いつくだろうか。初夏を罠に陥れるべく編成された兵士たちは、苦しみながらその姿を変質させて、黒い不定形の存在へと移り変わり初夏に襲いかかったのだ。
とっさのことながら反応し、迎撃を始めるのだが、まるでラファズ・シャドウのように形を持たないものにダメージを与えることも困難で、長い戦いの末に、一瞬の隙を突かれついには捕らえられてしまう。

ただ捕らえられるだけならばよかったかもしれないが、シャドウとなった兵士たちは捕らえた初夏の体に襲いかかった。
シャドウと全く同じ性能を持っている彼らは、体という障害を全く気にすることなく、文字通り全身を通過していく。頭を顔を胸を腹をと、いたるところをずるずると這い回るシャドウ。
だがそうして初夏に襲いかかるのは痛みなどではなく、まさしく異常なまでの悦にまみれた刺激だった。
シャドウが体のどこかを通り抜けるたびに、快感神経に直接快感電流をながされてしまったかのようなありえない快楽が生まれて日下部初夏を形成しているすべての部位がビリビリとしびれて何もかもが蕩けていく。
抗おうにも、シャドウに障害などない。何をしても何をしようとしても抵抗にはならず、ただただシャドウに責めに翻弄される。
実体などないはずなのに、膣をこじ開けて襞をめくり擦り上げ、子宮口を叩き、子宮の中を滅茶苦茶にする。かと思えば外から子宮を通過して、子宮そのものを磨くように這いずり回りミリ以下の動きで快楽を叩きこんでいく。
快感を糧に成長したクリトリスにも同じように通過し、実体を持って食らいつき、扱き上げる。
同時に何匹もの触手に責め立てられているような、そして常に快感電流を流し込まれているような責めに初夏は、立っていることはもとより、気を保つことすらできず、仰向けにシャドウの塊に沈みながら、ひたすら絶頂痙攣を繰り返し、それでも行為は止まることなくむしろエスカレートし、初夏は耐えることができず意識を闇へと堕とされた。

そして、捕らえられた初夏に待っていたのはこれ以上の地獄だった。
シャドウに侵され犯されながら、初夏は全身に布のようなものを巻きつけられた。布の表面には読むことの出来ないいびつな文字が刻まれている。これは以前オークが初夏に使ったものと同じで、それを更に改良を加えたものだった。
編みこまれた術式は、絶頂した際にそれが蓄積され、シャドウに注がれた際に蓄積された絶頂快楽がすべて初夏へと流し込まれること。流し込まれた絶頂快楽も蓄積され、常に快楽が強くなっていくようにされている。
シャドウと呪符を絡めることによって、初夏を快楽で完全に抑えようというのだ。
しかし、人と手を組んだ魔のものはさらなる一手を提案し、針を一つ取り出すと初夏におもむろに突き刺した。
苦痛を与えるものかと思った人は目を背けたが、針の先端に着いてた珠が発光すると初夏から艶やかなとろけた嬌声があがった。
快楽を直接叩きこむ凶悪な魔具と説明すると、魔のものはそれを人に手渡す。

人の手に余る力を持ち、国を守る兵を手にかけた大罪人に罰を。

まるで操られたかのようにその言葉を聞いた人たちは、躊躇することなく初夏に針を突き立てた。
頭に、胸に、腹部に、秘所に、小さなクリトリスにはあろうことか人とは思えないほど歪みに歪んだ笑を浮かべて、無数に突き立てた。
そして始まった封印というなの地獄の快楽責め。
味方はここには一人もおらず、抜け出す力はすべて快楽によって奪われ、まっているのは、シャドウと呪符と魔具による、あまりにも異常な快楽だった。
正気も何もあったものではない。
全てが動き出した瞬間、初夏はわけもわからない境地に一瞬で放り投げられ、そして理解するころには体が壊れてしまったのかと錯覚するほどの激感に襲われた。
どこもかしこもただ気持よくて、体が引き攣ってやまない。今絶頂を迎えたと思った次の瞬間には絶頂で、更に絶頂。終わらない絶頂快楽に思考なんて保っていられる余裕は微塵もなかった。
だが、それが限界ではないのだ。
シャドウがおもむろに精液のようなものを吐き出せば、その瞬間、今までの絶頂快楽がすべて蓄積されて初夏に振りかかる。
最初の一回で、初夏は完膚なきまでに快楽によってトロトロに叩き蕩けさせられてしまった。

その様子を見て、恐怖をおぼえるものは一人もいなかった。
すでにこの場にいるものは狂っていたのだ。
手引きをした魔のものは、その光景をみてほくそ笑む。
これで計画をすすめることができる、と。

そうして人々が再び魔族の侵略に晒されることになる足がかりを彼らは自ら作ってしまったのだ。
暗き深い地下の地下に作られた扉が、快楽絶頂に包まれる初夏を残して音を立てて閉じられる。結界を張り巡らされたその地は外界から完全に隔絶された。


邪魔者がいなくなった魔族は着実に準備を進めていく。
時間はどれほどかかるかはわかりはしないが、封印した初夏からエネルギーを徐々に得られるように細工もした。魔王復活まで一体どれほどかかるかはこれからの動き次第だが、十年かかろうが百年かかろうが、魔族にとっては些細な問題ではない。
確実にやってくるだろう未来を脳裏に描き、三日月に歪んだ笑を見たものは誰一人としてその場にはいなかった。







今現在ある責めを組み合わせれば最強じゃね!? と思って詰め込んでみました。
描写がこれのせいで物足りないかもしれないのはきっときのせ……い……がく
漫画描いてるよ! ちょっとずつ進んでるよ!
タブン|ω・)



おへんじ
>またまたオーク姦堪能させていただきました。今回の見所はチートアイテムとも言えそうな呪符の登場ですね。前回のウルトラシリーズでもそうですが、強制的に女性を調教してしまうアイテムは本当に良いものですね。女性の意思とは関係無しに堕とせてしまう理不尽な設定はすごく興奮してしまいます。それに今回も文章は気合が入っていましたね。堕ちている初夏さんに更なる過激な刺激。悲鳴にも喘ぎにもならない悲痛な台詞回しはすごく興奮しました。それと今回のお気に入りですが、やはり最後の「わら・・ひ~」ですね。ただオークの言葉を繰り返しているだけでも、その言葉を言った事で初夏さんの真っ白な意識を侵食していくという展開はすごく好きでした。それと絵も良かったです。身体に巻き付いている呪符も勿論ですが、激しく突かれている初夏さんの身体の描写が興奮しました。特にその事が良く分かる胸の「ブルン、ブルン」描写は最高でした。あと、このアングルも好きだったりします。オーク目線といいますか、初夏さんを見下しているような構図はすごく良かったです。それと細かい所ですが、オークのお腹が初夏さんの身体に乗っかっている描写は個人的にすごく好きでした。次に、また新しいシチュの登場ですかね。内容を聞いただけでもメタメタにされそうな初夏さんが浮かんでくるようです(笑)。しかし、この流れだと逃がしたヒロインを悪堕ちした初夏さんが襲うような・・・あと、オークシチュを他のシチュ共々大事に思っていただき、ありがとうございます。 それと、おへんじありがとうございます。「即死エロシチュ」だと!?(>д<;)  それは私を一撃で撃破という事か!なんということだ!!びんかんさんのくり出すエロシチュは、オークシチュ並みの破壊力を持っているのか!? |◇∧◇|
調教やら快楽責めにはやはりこういうアイテムは必要不可欠だと思うのです。ただ並の戦士にこれやると壊れちゃうのが難点ですよね。
強靭な精神力設定があるからこそ使えるものではありますが、だからってこれ快楽が蓄積されてそれが毎度毎度倍加されて叩き込まれるってさすがに耐えられないような気がしなくもなくでもまぁ気持ちよさがオーバードライブしてるならそれはそれでいっか! という開き直りを持ってして!
とりあえず再調教するならもっともっと強烈にと思い生まれたものでした。
ぶっちゃけこれからどうするかあんまり考えていませんが……
悪堕ちも考えてはあるんですが、初夏は悪堕ちさせるよりもやっぱりMシチュにまみれさせたほうが美味しいかなと思ってる親ばかな私がいます(’’
エロシチュはすべてが愛おしい! 変に変形させたりするのはちょっと簡便ですが、快楽オーバードライブな責めはいろいろな意味で破壊力満点かと( ̄▽ ̄)

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<生きてます。牛歩してます | ホーム | より深く、より徹底的に>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。