FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウルトラハツカxゼットン最終話


自虐オナニー大好き少女~機械に壊される私~
音声ドラマ。
徹底的なシチュという触れ込みが素敵! 機械ならではですよね。設定された行動をただ繰り返し追い詰めるというのは!


ゼットン後日
それからはチキュウ人にとって地獄のような日々だった。
ゼットン星人たちによる地上の蹂躙である。
科学力だけで見るのなら、多少ゼットン星人のほうが上程度だが、保有する戦力が圧倒的に差があった。
宇宙恐竜ゼットンの存在である。
抵抗を続けているところにゼットンが投入されれば人類は為す術もなく壊滅させられる。生き残りがいることのほうが稀だ。
そんな状況で、希望の星ともいえたウルトラハツカは、どういう経緯かゼットン星人から解放されチキュウ人のピンチに駆けつける。
だが、正義の戦士であるウルトラハツカの出現に喜ぶのは一瞬。ウルトラハツカはゼットンに抵抗らしい抵抗をすることもできずくだされてしまう。
物理攻撃を行うも、避けることもせずに体で受け止められる。炎を放つも効果なし。逆にゼットンの攻撃は回避することもできず、強烈な一撃を腹部に受けてくの字に体を曲げて崩れ落ち、立ち上がろうとするところを踏みつけられて振り払うこともできずに苦悶の声を上げる。
それだけでさえ人類が絶望で満たされてしまうというのに、次にウルトラハツカに施されるのは、ゼットンの手によって行う快楽による責めだった。
これまで一度として行われなかったことがない、紅の宝石へのエネルギー注入。立ち上がろうとしていたウルトラハツカはこれだけで、完全に無力化されてしまう。
かつて改造されてから、こうしてエネルギーを注入されると、とても耐えることなどできない強烈な快感が全身を駆け巡り、無様な絶頂の姿を晒してしまう。今までならそれだけだったのだが、ゼットンはそこから淫らに濡れるウルトラハツカの女陰を激しくいじりまわした。
全身の感度上昇改造とエネルギー注入による快感に挟まれてしまえば、正義の戦士としての矜持も何もかもがドロドロに蕩けてしまい、真っ白になった視界と頭で終わることのない絶頂に身を震わせる。
グジュグジュと辺りに淫らな音を撒き散らし、鼻にかかった熱っぽい嬌声を上げる。蕩けきった表情に浮かぶ瞳は虚ろで先には人類がいるというのに何も映していない。ただ与えられる快楽に痙攣を続けて、蜜と涎を撒き散らす。
ウルトラハツカの意識が堕ちても、ゼットンは責めをやめようとはしない。自分の欲が満たされるまでただただ責め立て続ける。
そうして、終わる頃には凄惨としかいいようのないウルトラハツカのあまりにも無残で惨めな姿が残るのみ。
もうだめだと、人類の誰かがつぶやき、伝染するように絶望がすべてを包み込んでいく。

その時だった。
空から一つの巨大な光が現れたかと思うと、ゼットンを一撃のもとに下し、ウルトラハツカを包み込んだかと思うと、一瞬で姿を消した。


何が起こったのか理解が及ばない人類たちは、ゼットンによって撒き散らされた雌の淫らな香りの中、呆然と立ち尽くしていた。
ただひとつ言えることは、絶望的状況はさったということだ。
今は、というほんのひとときの平穏であるが。



というわけで、次章? へのつなぎですね!
裏話でゼットンを倒すのはゾフィーだったという展開もありえたというのをみたので、とりあえず投入……まぁ文章だけですが。
ここから一応セブンの話になると思うのですが、やるとしてもきっとウルトラハツカでいくんでしょう。だってすでにクロスオーバーしてますしね!


おへんじ
>ガッツ星人「磔けは基本」
あのシーンに感銘をうけたのは私だけではないはずっ

>す、凄い事になってる~!^^待望の3話はも最高ですね!!(^o^)この後は、きっと洗脳せずにもう一度人類の前で、ゼットンにフルボッコにやられて、イカされちゃうのかな・・・(ドキドキ)そして、洗脳せずに心からゼットンに服従しちゃうのかも^^な~んて考えてみました!^^
そのお言葉を受けてやってみました今回のシチュ。
洗脳は洗脳で絶望感はありますが、こうして、現れるのはいいけれど手も足も出ないでやられてしまうというのもやっぱりいいと思いまして(・ω・
服従はしてないのですが、体は屈服してるようなものということで一つ……

>ゼットン編第三話ですね。今回も絵、文章共にすごく良かったです。文章は、初夏さんの痴態を晒すと共に、民衆に絶望を与える様子がすごく好きでしたね。第三者を陥れるようなシチュも良いものですね。それと、やはりゼットンさんはドS決定ですね。最後の口を歪ます場面なんて容易に想像できてしまいました(笑)。それと絵ですが。強制的に機械が埋め込まれている様子はすっごく良かったです。痛々しいのは苦手なのですが、今回は改造されている感じが出ていたのですごく良かったです。今回でゼットン編は一旦終了なのですかね?ゼットンさんとの強制キスとかも見てみたかった気はしますが、次回の怪獣も楽しみにしておりますね。それと、おへんじありがとうございます。今回もそうですが第三者に見られるのはやはり良かったですね。あと、他の方のコメントになるのですが、「悪堕ち」というのも捨てがたいですね。( ̄¬ ̄*)ジュルリ  性格が反対になったドSな初夏さんが襲ってくるとか良いと思います。(*´Д`)ノ
一枚絵だとなかなか伝え辛くはありますが、とりあえず惨めな姿ということで愛液+黄金水の組み合わせでした。
私も痛いのはちょっと苦手なので、やったとしても快楽増幅系なのです。
しまったキス……そうだ百合といったキスではないか……ちょっと最近余裕がなくてわすれてたぁぁぁぁあぁ。
次のシチュには投入できるように頑張ります(・ω・
悪堕ちも……いずれ……( ̄▽ ̄)?
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<たまにはひがないちにちのんびりしてもいいよね! いつもしてるとかいっty(ry | ホーム | ウルトラハツカxゼットン三話>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。