FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

触手で。

初夏触手拘束kan
「ア――――――っ! ア、アァァァア――――! アヒィイイィイ――!」
初夏が捕まり、そして改造調教をされてどれくらい時間が経っただろうか。度重なる激しすぎる陵辱は完全に初夏の意識と体を蕩けさせてしまった。奥に行けばまだ理性が抵抗をしているのかもしれないが、それも快楽に呑まれるのは時間の問題かもしれない。
膣を貫かれながら、クリトリスを責められながら、果てには尿道まで犯される。リリアーナによって改造された箇所でももっとも敏感な部位を責められ、ひたすら責められて、もはや何もかもが真っ白に塗りつぶされていた。
触手に呑まれているとはいえ、四肢は完全に脱力しており、顔は弛緩しきって、なんともだらしの無い表情となっている。快楽が強すぎるために触れられてさえいない胸からは母乳がひっきりなしに飛び出していく。
回復能力は終わらない絶頂のせいで失われていく体力を最低ラインまで引き戻すことしかできない。
それでも触手は少しの容赦もなければ一時の休息すら与えようとしない。ひたすらに扱き、ひたすらにピストンを繰り返し初夏の性感を引き上げて活力を食す。
ラファズが飽きるか初夏が死ぬか。どちからによって解放されるだろうが、彼女の生み出す活力と彼女の体がそれを許さない。
ラファズは活力を食らい、強くなる。そしてもっともっとと貪欲になっていく。
今はこのラファズにとっては最高の責めも活力を食らえばもっとすさまじいものにすることもできる。
それゆえに初夏の改造調教陵辱は際限が無いといえる。
狂いそうなほどの快楽は言ってみれば、まだ序の口。
そんなことを気にすることもできないまま、絶頂に打ち震えながら初夏は快楽に呑まれていく。

拍手お返事
>続きだ! ずっと続きをリクしつづけたら初夏さんずっと調教されっぱなしに。。。

それでなくても常日頃から調教三昧のようなものですから、ある意味これも日常ってやつですね( ̄▽ ̄)

SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<触手触手 | ホーム | 振動肉>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。