FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

のけぞると頭があばばばば

のけぞり2
膣内への挿入にくわえて、尿道にも極細の触手を突き刺され、挙句にクリトリスを強烈に吸引される。
どれも必要以上に感じてしまう弱点ならば、初夏が耐えられるはずもなくおとがいを反らしながらビクンビクンと激しい絶頂を迎えてしまう。
当然一度で済むわけもなければ、膣内ではGスポットを探り当てながら、快楽によって下がりっぱなしの子宮を遠慮なく蹂躙する。膣を満たす触手から出現した、わざわざGスポットだけを責め立てるためにあつらえたような触手群が、徹底的にGスポットをごつごつと叩く。まるで地ならしを行うかのようなほど荒々しさから生まれる衝撃に、初夏は絶え間ない絶頂へ押し上げられてしまう。叩かれるたびに愛液がゴプリと奥から垂れ流れてきて子宮口を緩ませる。それを待っていたかのように、子宮へ入り込んだ触手も、これから入り込もうとしている触手も活動を始める。
あふれ出る愛液を我先にと細い触手たちが群がってジュルジュルと吸いたてて、子宮に到達しているものたちは、子宮の壁を叩き、嘗め回し、ここが誰のものかということを初夏に知らしめるためかのように徹底的に子宮全てを蹂躙する。
尿道は奥まで行き当たると、吸いたて続けるクリトリスへの攻撃を補助するために、普通ではありえない裏側を責め立てる。ブチュブチュといやらしく音を立てながらの吸引と細いくせに力強い触手に裏側をぐりぐりされると、電流のような痺れる快感が一気に駆け抜けては、甘ったるい並が股間からジュワァぁと広がっていく。
強すぎる快楽のためにのけぞったままびくっびくっと痙攣しながら絶頂して、そこから戻ってこられない。
常人と比べるとあまりにも強大な精神力をもったゆえに、激感によって気絶することがなかなか許されない彼女は、ひたすらに化け物たちの与える人外の快感を受けさせられてしまう。
いやだいやだと拒んでも、体は快楽を求めて委ね、貪欲にどこまでもむさぼろうとする。簡単に心を明け渡せればどれだけ楽になることだろう。
だが彼女のプライドがそれを許さなければ、陵辱はまだまだ終わらない。



コメントお返事
>リリさんがマジギレ体制でまってますよ>v<b
リリ「んふふ~」
初「……さて……今日の献立は」
リリ「んふふ~」
――しゅるしゅるしゅる――」
初「く、ぁ! 遅かった……!」
リリ「初夏ぁ、いつもいってますよねぇ? とっても快楽に弱いんですからぁ、今は無理しちゃだめだってぇ」
初「そ、それは……そうだけど」
リリ「でもでもぉ初夏はそれを聞いたことないですよねぇ。ということはですよぉ? 初夏とした約束は私もやぶっちゃっていいってことですよねぇ?」
初「……珍しく正論を……とにかく、そういうことを言いたいのならこの触手を解きなさい」
リリ「あれれぇ強気ですねぇ。まぁ別にいいですけどぉ? 今日はどのみち足腰たてないどころかぁ……気絶するまで……いやいや、気絶しても快楽でたたき起こして次の日は動けないくらいどろどろのグチョグチョにしちゃうんですからねぇ」
初「……やっぱり怒ってたのね……あぁもう……」
リリ「というわけで抵抗される前に媚毒注入」
プス――プス――
初「は、ひっ……ぁ……ぁ……」
リリ「んふふふふふふふ……」

>輪姦後のぐったりしてるのって良いですよね!さらに、そこに追い討ちをかけたら「らめぇ~」状態でですよね。 こんないつもドロドロにされてる初夏さんに幸せが待っているのだろうか・・・ ところで初夏さんは料理好きってあったけど、好きなのか、得意なのかでニュアンス変わってくるんですが・・・どっちなんでしょうか・・・RE:アニスの喫茶店では厨房で腕利き料理人メイドになっちゃってますが・・・おかしいでしょうかねぇ?

命「むしろぐったりしてからが始まりだね。弱ってるところに更なる快感を与えると、すごく弱弱しく可愛い子がもうやめてくださいっていうのがたまらない。たまらないんだよね!」
ツク「……いい具合に鬼畜だのぉお主も」
命「しかし、初夏嬢の幸せねぇ。彼女は今までが幸せと思っていなかった節があるから、ある意味今は幸せじゃないかな」
ツク「そうなのか?」
命「初夏嬢は、ほら。能力持ちだから、それで昔は苦労したみたいでね。あれのせいでいろいろ迷惑をかけたから、物心ついたころから迷惑をかけない生き方をするようにしてきたみたいなんだよね」
ツク「そういえばそのような話もあったのぉ」
命「まぁ間は端折って、でずっと誰かとかかわりたいとか思ってて、四季嬢やリリたん、それにツクちょんがいるから幸せなのは間違いないと思うよ」
ツク「ふむ……というか、お主はまともなこと言えたのだな」
命「失敬な! まぁ続けて、んでもって初夏嬢の料理の腕だけど、彼女はやばいね」
ツク「うむ、やばいのぉ」
命「一回作り方を見ただけでそれ以上のものを作り出してしまうし、手際も半端ないしで、風見家専属料理人が本気で脱帽してたのは面白かったなぁ」
ツク「おかげで私も食の楽しさを知ってしまったしのぉ」
命「ただ水が弱点ってのがね。専用の身につけてても肌とほとんど見分けがつかない手袋と、常時薄く炎をまとっているからこそできるみたいなんだけど、あれが結構疲れるみたいだね」
ツク「初夏だからこそできる芸当にも思えるな」
命「もっとも、彼女はそれでもみんなに振舞って美味しいって言ってもらえるのがたまらなく嬉しそうなんだよね。あ、これオフレコで」
ツク「しかしそれは周知の事実ではないだろうか?」
命「それが分かってても口に出さないのが、淑女のたしなみなのさ」
ツク「淑女……まぁ、頷いておこう」
命「そんなこといってると襲っちゃうぞ☆ミ」
ツク「冗談に聞こえないので結界展開」
命「ちょっとー!」


>いつぞやの日に日記からアレコレに分類した方がよいのでは、と言ったバカです。 見るのが本当に楽になりました???有難うございます;他の人も、楽になったと思っているに間違いないと思います。 いつも日記や各カテゴリを閲覧しているのですが??? 初夏がねちょねちょさ(ry ?????orz エロいですよ、全く(o?ω?o)???

四季「おかげさまで、失念していたことを修正できましたので、むしろ本当にありがとうございます! これで我々はあと三回は冬を越せられる気がします!」
命「……三年戦うんじゃないんだね」
四季「てへ!」
命「笑って誤魔化した! いやまぁうん。それはいいとして、初夏嬢の痴態が大半を占めるここで四季嬢が挨拶って言うのは私的にはいかがなものかなって思うんだけど」
四季「エッチなのは別だん悪くないと思います!」
命「キャラにあいそうにないこと平然と堂々といってのけたー!」
四季「だってほら、ね? ここを見てくださってる方々の目の前で、エッチなのはいけないと思いますだなんて、そんな空気の読めないことをしないよ。だってわたしは風見四季☆ミ」
命「やたらテンション高いなぁ……」
四季「だってこうして身に来てくださってるってことって嬉しいでしょー?」
命「そだねぇ。初夏嬢の痴態というのをメインにしているのが、ちょっとあとが怖いところではあるけど」
四季「だいじょーぶ!」
命「!?」
四季「エッチは正義なんだよ!」
命「またキャラにあわないこと……!」
四季「細かいことを気にするとおっぱいが大きくならないって偉い人がね」
命「ぐはぁ!」
四季「だい しょー り !!」
SS | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<そういえば | ホーム | 潜入失敗>>

コメント

そういえば、人間の脳ミソ(?)が出す脳内麻薬ってヤツ、10数倍快感を感じれるらしいですよ。まぁ、痛いのが(過度の興奮と緊張で)痛くなくなったりとか・・・。
かなり偏りがありますけど;
初夏の場合は、全身弄られただけで、ぴゅるぴゅると脳内で何かが弾けているんですかねぇ。一度に過度の刺激を与えられると、壊れるのが普通なのに。
エロいn(ry
びんk(ry
スミマセンデシタ、モウイイマセン
2009-12-18 Fri 04:34 | URL | 名無し [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。