FC2ブログ

びんかんでなにがわるい

移転しました:http://b.dlsite.net/RG24790/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ふんばばー

ティナフンババ
ふと思いついたのでFF6のティナとフンババ。

戦う力を失い、勝ち目がないと分かっていても飛び出していくティナ。しかし、フンババの圧倒的な力の前にはあまりにも非力すぎたティナは、一方的に打ち負かされた挙句、フンババの欲を満たすための道具とされてしまう。
ティナの体にはあまりにも大きすぎるフンババの尻尾だったが、幻獣とのハーフである彼女の体は傷つくことなくそれを受け入れてしまう。
少しもしない間に放たれる白濁の液体と防衛本能によって分泌される愛液の潤滑油で、ざらざらしている鱗が襞をひっかけながらの動きに徐々に快感へと変わっていく。
最奥に到達すると同時に勢い良く放たれた白濁の液体にティナはその熱さに体を震わせて絶頂してしまう。
だがフンババは終わらせようとしない。久方ぶりの獲物を手放す気などさらさらないと言わんばかりにピストンを継続する。
そうして子宮まで犯しながら、何度も何度もティナの膣内へと放っていく。無理やり与えられる絶頂に告ぐ絶頂で、ティナの意識は真っ白に染められてしまっている。瞳は虚ろで、半開きの口元からは涎がだらしなく流れる。反応も薄く、時折思い出したようにビクビクっと体を痙攣させる。
セリスたちの姿はいまだ見えない。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<潜入失敗 | ホーム | やっちまっつぁー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。